GHz時代の高周波回路設計

スイッチ/増幅/検波/混合/発振のテクニックを実験

市川裕一 / 青木勝

2003年2月1日

CQ出版

3,080円(税込)

科学・技術

本書は、高周波信号を扱ううえで身につけておかなければならない基礎知識と、300M〜3GHzの高周波回路の動作原理や設計法を詳解するものである。スイッチ、ロー・ノイズ・アンプ、ミキサ、フィルタ、検波回路、発振回路、PLLなど、高周波システムに必要な回路を取り上げた。シミュレーションだけでなく、実際に試作して評価するので、設計経験のない人でも高周波回路の世界を学ぶことができる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください