ウルフ・ボーイズ

二人のアメリカ人少年とメキシコで最も危険な麻薬カルテル

ダン・スレーター / 堀江里美

2018年2月23日

青土社

2,640円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会

少年たちはなぜ、かくも冷酷な暗殺者になったのか?アメリカで1、2を争う貧しい国境の町ラレドに住む15歳の少年・ガブリエル。中学での成績は優秀で、フットボールではクォーターバックを務める人気者。将来の夢は弁護士になることー栄光が、この退屈な人生を満たしてくれるはずだった。アメリカン・ドリームに拒絶され、幼なじみの“バート”と闇の世界に足を踏み入れるまでは…。元WSJ記者が、本人たちへのインタビューを含めた徹底的な取材によって見事に活写する、衝撃の犯罪ノンフィクション。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

6

未読

0

読書中

2

既読

7

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください