親を殺した子供たち

エリオット・レートン / 木村博江

1997年5月31日

草思社

2,090円(税込)

人文・思想・社会

子供による家族殺人が起こるのは、上昇指向の強い、支配的な親が営む裕福な中流家庭ばかりだったー。自立心、人格、主体性のすべてを奪われ、親の鋳型にはめられた子供は、そこから逃れるには家族を抹殺するしかないと考えはじめる…現代の中流家庭が抱えこむ危うさを明らかにした、衝撃作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください