リベラルたちの背信

アメリカを誤らせた民主党の60年

アン・コールター / 栗原百代

2004年9月30日

草思社

2,420円(税込)

人文・思想・社会

アメリカの保守本流を代表する論客アン・コールター女史が、旧ソ連の秘密電報をはじめとする新資料を縦横に駆使して、冷戦前夜から60年の歴史を再検証。トルーマンからクリントンにいたる歴代民主党政権の政治判断・外交政策の誤りを厳しく断罪、熱い政治的論議を呼びベストセラーとなった刺激的論争の書である。“赤狩り”の張本人として忌み嫌われてきたマッカーシーの名誉回復を堂々と論じ、在任中は「戦争屋」と言われ嘲笑の的となりながら、最終的に冷戦を終結させたレーガンを高く評価する女史は、人権を抑圧し、史上空前の犠牲者を出した共産主義体制に徹底して宥和的態度をとりつづけ、危機を拡大させてきた民主党およびリベラル派知識人の現状認識の甘さを鋭く批判する。日本をふくめ世界的趨勢となった保守VS.リベラルの対立の行方を占ううえでの、先見性にみちた指南書。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください