テレピン月日

大竹伸朗

2002年12月31日

晶文社

3,080円(税込)

ホビー・スポーツ・美術

油絵、木炭画、コンピュータ絵画、オブジェ、スクラップブック、絵本など、多彩な表現で活躍する大竹伸朗。彼の頭には、いつでもある問いかけが渦巻いている。「芸術」とは何か?自分を創作へと駆り立てるものは、どこからくるのか?海辺に干したタコ、藤圭子のポスター、文字の欠けた看板に心をノックアウトされる。コンピュータと格闘するうち絵の本質に出会う。脱獄王・白鳥由栄と郵便配達人シュヴァルに「芸術家」の真髄を見る…。真の美は、芸術とは一見無縁なものに潜んでいて、その発見が自作に命を吹き込んでいく。思索と制作の軌跡、未発表の水彩画とドローイングを多数盛り込んだ、スリリングな美術エッセイ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください