霞ケ関の正体

国を亡ぼす行政の病理

稲葉清毅

2005年10月31日

晶文社

2,090円(税込)

人文・思想・社会

崩壊寸前の年金制度。膨大な浪費をかさねる公共事業。国民のニーズとかけはなれた教育、医療、福祉。このままでは大増税時代がやってくる。長年、霞ヶ関の中枢にあって行政改革にたずさわり、官僚機構の実態を知りつくした著者が、お役人のかかりやすい16の「病気」をエピソードをまじえて具体的に指摘し、その克服のために提言をおこなう。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください