ターゲット新装版

宝島社文庫

楡周平

2005年11月30日

宝島社

1,005円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

“帝国”アメリカを滅ぼそうと「北」が企んだ恐怖のシナリオー在日米軍基地に仕掛けられる謎のウイルス兵器。それは危機管理ゼロの日本を震源として、アメリカの次代を揺るがす遠大な悪魔の計画だった。「北の陰謀」を未然に防ぎ、テロリストを殲滅せよ…CIAの工作員として契約、密入国の男たちを追う恭介を待ち受ける最強の敵。『Cの福音』『猛禽の宴』に続く朝倉恭介シリーズ、必殺の第3弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください