裸の自衛隊新装版

宝島sugoi文庫

別冊宝島編集部

2008年6月30日

宝島社

565円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

この国では「自衛隊」を語るとき、あるきわめて基本的な「実態」を知ることなしに論議がされてきた。何が欠けていたのか?自衛隊という組織のなかで深刻に苦悩している幹部や曹、士たち一般隊員の憂鬱など、まったく顧みられることがなかったのだ。本書は、自衛官そのものの生々しい本音を満載した、「自衛隊」を語る際には欠くことのできない一冊である。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください