現代日本のタブー

消された「真相」を追う

宝島sugoi文庫

別冊宝島編集部

2009年2月28日

宝島社

586円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

世に言われる日本の言論タブー、たとえば皇室、芸能界、ヤクザ、在日といったそれぞれのテーマは、暴力や経済的制裁を恐れるメディアの自主規制によって生じ、そこから「真実は別のところにある」という日本独特の二重構造が醸成されてきた。「消された真相」なるものがあるとすれば、その理由にこそ、人間の真実があるのだー。本書では、さまざまな理由によって黙殺されている「現代日本のタブー」に切り込む。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください