おやすみラフマニノフ

中山七里

2010年10月31日

宝島社

1,540円(税込)

小説・エッセイ

秋の演奏会を控え、第一ヴァイオリンの主席奏者である音大生の晶は初音とともに、プロへの切符をつかむために練習に励んでいた。しかし完全密室で保管されていた、時価2億円のチェロ、ストラディバリウスが盗まれる。脅迫状も届き、晶は心身ともに追い詰められていく。さらに彼らの身に不可解な事件が次々と起こり…。メンバーたちは、果たして無事に演奏会を迎えることができるのか。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」がコンサート・ホールに響くとき、驚愕の真実が明かされる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstarstar
star
3.86

読みたい

5

未読

3

読書中

0

既読

72

未指定

60

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

金鯱

 

starstarstarstarstar 5.0 2020年10月19日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください