最後の証人

宝島社文庫

柚月裕子

2011年6月30日

宝島社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

元検察官の佐方貞人は刑事事件専門の敏腕弁護士。犯罪の背後にある動機を重視し、罪をまっとうに裁かせることが、彼の弁護スタンスだ。そんな彼の許に舞い込んだのは、状況証拠、物的証拠とも被告人有罪を示す殺人事件の弁護だった。果たして佐方は、無実を主張する依頼人を救えるのか。感動を呼ぶ圧倒的人間ドラマとトリッキーなミステリー的興趣が、見事に融合した傑作法廷サスペンス。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(23

starstarstarstar
star
4.1

読みたい

210

未読

18

読書中

3

既読

156

未指定

102

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2020年10月11日

「パレートの誤算」のような、犯人を推理していく話ではないな、と思っていたけど、終盤で見事騙されていたことに気づく、よく作られた話で面白かった。殺されたのが島津でなく美津子だったとは。 佐方の検事をやめた理由がちょっとベタかなというのだけ残念だった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください