債権総論(1)第2版

法律学の森

潮見佳男

2003年8月31日

大学図書

5,280円(税込)

人文・思想・社会

債権者利益(契約利益)中心の体系。債権関係において獲得されようとした債権者利益の実現へと向けられた権利・義務の体系として債権機構を捉える場合には、債権関係の当事者に対する規範的拘束と諸権能を考える際にも、権利者利益の実現へ向けた協働関係として債権関係を位置づけ、さらに、両当事者の協働による債権者利益の実現過程(契約の場合には、契約内容の実現過程)として履行過程を観念するのが適切である。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください