マラソンはゆっくり走れば3時間を切れる!

49歳のおじさん、2度目のマラソンで2時間58分3

ソフトバンク新書

田中猛雄

2012年11月30日

SBクリエイティブ

803円(税込)

ホビー・スポーツ・美術 / 新書

市民ランナーの多くは頑張りすぎだ。頑張れば走り切った後に“走快感”を得られるが、それだけで走力は向上しない。「いかにゆっくり走れるか」が走力向上のカギなのだ。頑張る練習は全走行距離の3分の1まで。それ以外は1km7分ペースより遅い“疲労抜きジョグ”で疲れを抜くことに徹する。「本当にこれで大丈夫なの?」と心配になるくらいシンプルな法則で、実際に続々とサブスリーを達成している。その法則と実践法を徹底的に伝授する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

10

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2020年04月20日

ポイントは、過度の練習は故障を抱えるだけであり、披露を抜くジョグを練習に取り入れなければならない、という主張。ランニングを始めたばっかりの私には縁のない世界だった。いずれ再読することになるかもしれない。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください