悲しみの底で猫が教えてくれた大切なこと

瀧森古都

2015年4月27日

SBクリエイティブ

1,320円(税込)

小説・エッセイ

『ネコは、ごはんを何日食べなければ死にますか?』とあるパチンコ店の前に置かれている一冊の「里親探しノート」に、そんな奇妙なことが書かれてあった。ただなんとなく生きている店員の五郎、現実逃避している常連客たち…。この一冊のノートにより、それぞれの運命の歯車が動き出し、生きる意味と向き合うこととなる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstar
star
2.69

読みたい

17

未読

22

読書中

1

既読

53

未指定

49

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください