図説・戦う城の科学

古代山城から近世城郭まで軍事要塞たる城の構造と攻防

サイエンス・アイ新書

萩原さちこ

2015年4月17日

SBクリエイティブ

1,210円(税込)

人文・思想・社会 / 科学・技術 / 新書

戦乱の時代、城は戦いのためにつくられた軍事施設でした。いかに守りやすく、攻めにくい城をつくるかが問われ、技術の粋が集められ、やがて難攻不落と呼ばれる城が登場しました。本書は、要塞としての城の構造が攻城戦によっていかに改良されてきたかを、時代を追いかけながら解説しています。城の違いを知るだけで、わが国の歴史の一部にふれることができ、ますます城が好きになります!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstar
star
2.9

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

7

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください