世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか

グーグルの個人・チームで成果を上げる方法

ピョートル・フェリークス・グジバチ

2017年1月30日

SBクリエイティブ

1,540円(税込)

ビジネス・経済・就職

持ち帰らない。「わかる」ことと「わからない」ことを明確にする。メールに頼りすぎない。分析しない。休みたいときには休む。自分の仕事をなくすことを考える。-Googleでは“その1分”の使い方が違う!日本在住16年の著者が公開。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(17

starstarstar
star
3.24

読みたい

18

未読

5

読書中

4

既読

70

未指定

73

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.8 2020年07月24日

気に入った点 ロジカルシンキングはアイデアを説明するために必要なフレームワーク、クリエイティブにはそんなこと考える時間はない 集合知(情報を複数人で持ち寄り複数人で考える) 10倍で成果を出すには ・先を予見する ・チャンスと脅威を予見する ・サイクル、トレンド、パターンを見つける ・短期5週、中期5ヶ月、長期5年先を考える オープンフラットに話せば、相手に怖気ついてしまうことはなくなる、向こうも気軽に話してくれる パワーを持っている人を見抜き距離を近づける 今知ってる人<新しい人 代わり映えのない人<変化する人 ◯グロースマインドセットgrowth mindset 成長思考 学習思考 ×フィックスドマインドセット fixed mindset 証明思考 自分をよくみせようとする考え方 おれこれ 回避思考 自分がその会社で成長するには、自分の仕事をなくすことだ

全部を表示

Readeeユーザー

レビュー

star 1.0 2020年04月11日

Googleの習慣、仕事のやり方、ムダの省き方など。ありきたりの内容。特に目新しいことはなかった。印税稼ぎが目的ではないかと思うほど。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください