医者の本音

SB新書

中山 祐次郎

2018年8月8日

SBクリエイティブ

902円(税込)

美容・暮らし・健康・料理 / 新書

「ここまで書いていいの?」現役の医師が勇気をもって明かす!その一言に込められた真意とは!?驚くべき本心に迫る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(13

starstarstar
star
3.44

読みたい

8

未読

3

読書中

2

既読

55

未指定

68

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

【権威を手放した医者⁈】

starstarstarstarstar 5.0 2018年08月16日

私は「権威」が嫌いである。 「先生」と呼ばれる権威が特に嫌いである。 特権意識丸出しで失言(というかそれこそ本音)によって逃げまくる政治屋なんかはその典型である。 医者も「先生」と呼ばれる職業の一つである。 個人的にはコミュニケーション不全を起こしている「先生」に対して苦情を言ったことがある。直後に他の先生に交代していたなぁ(笑) 介護職の現場では「ロクに人の話を聴かない奴ら」として、連携どころか敵対し「現場を知らないくせにグダグダ言うな」とむしろ上から目線でモノを言ってしまう対象でもある。 著者の中山氏は「権威」を手放した医者だと感じる。 権威を手放した医者に何が残るのか? 責任、勇気、使命… 茨の道ではないだろうか。 内容は、医療関係者以外の人がTV、新聞、雑誌、インターネット等で知った「点」の情報が「線」になるので腑に落ちるものである。 この書のターゲットは医療関係者以外なのは大前提なのだが、医療関係者にも届くことが前提として書かれている。 この書に不快感を感じる医者には当たりたくない、中山氏の様な「覚悟」がある医者に出会いたいものである。 これからの医者のスタンダードとして中山氏のネット記事、書籍を追っていきたい。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください