ディルタイから教育実践へ

アクティブラーニングの源流

森 邦昭

2016年9月2日

九州大学出版会

5,720円(税込)

人文・思想・社会

学級崩壊、学力低下など教育現場の課題に精神科学の視点から突破口を。教室の子どもたちを能動的に学習させるための授業法は教師の発するメッセージのなかにあり、彼らの「やる気」の引き出し方は脳科学のなかにある。「近代社会は精神科学がなければ存在できない」というディルタイ的発想から発する教育実践への道筋のなかに、アクティブラーニングの源流を探る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください