自律神経は引き算で整える

原田 賢

2019年10月19日

ディスカヴァー・トゥエンティワン

1,430円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 美容・暮らし・健康・料理

寝る前のスマホ、ソファに座る時間、甘いもの…余計な習慣をやめるだけ。心と体の不調にサヨナラ!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

star
star
1.7

読みたい

11

未読

0

読書中

0

既読

6

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

るぅ

睡眠・スマホ・姿勢と交感神経・副交感神経が結びつく人は読む必要無し

star
star
1.7 2020年02月05日

内容がかなり浅い。また、論理に根拠がほとんどなく、例え話で文字数稼いでいる感が否めない。睡眠・スマホ・姿勢と交感神経・副交感神経というキーワードが結びつく人は時間の無駄になると思うので読む必要はない。自分の場合、睡眠に関する本とブルーライトが与える影響の本を読んだことがあったため、姿勢に関する章のみ参考とした、 以下、自分が参考になった点。 ・同じ姿勢を取り続けると筋肉が硬直し、神経を圧迫して交感神経が優位になるため、自律神経を失調しやすい ・寝不足→交感神経優位→内臓弱る→周囲の筋膜が硬くなる→腰の筋肉も張る ・サプリメントは肝臓腎臓に負担をかける。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください