宮本武蔵(3)

宝島社文庫

吉川英治

2013年4月30日

宝島社

722円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

関ヶ原以来の怨嗟に狂うお杉、敗残の恥辱をそそがんと息巻く吉岡一門。敵に囲まれ、頼る親類からも冷遇を受けた武蔵は、除夜の鐘の響く厳寒の京都にて、雑記帖に決意をしたためるー「われ事において後悔せず」。年明けて正月元日、吉岡との約束を果たすため、五条大橋を訪れた彼が目にしたものは…。お通、城太郎、朱実、そして宿敵・佐々木小次郎。それぞれの想いと運命が交錯する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください