東京最後の異界鴬谷

宝島sugoi文庫

本橋信宏

2015年2月5日

宝島社

858円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

JR山手線で最も乗降客が少ない駅、鶯谷。広大な寛永寺の墓地と駅を挟んだ反対側は都内有数のラブホテル街で、風俗産業の最先端スポットとなっている。入り組んだ路地には正岡子規の終の棲家や初代林家三平の生家、夏目漱石が通った料理屋が今でも残る。この特異な街はいかにして生まれたのか。その歴史と地理的背景、男女の肉声を採録。生と死が隣り合わせる鴬谷の不思議な魅力を描く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

3

未読

0

読書中

2

既読

8

未指定

16

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください