最強二天の用心棒

宝島社文庫

中村朋臣

2015年8月6日

宝島社

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

幕府に謀叛を企む闇勢力の陰謀を阻止し、出身藩の危機を救った浪人の左兵衛。しかし敵の首領を取り逃がした左兵衛は、帰藩せよとの要請に応じず、首領を追うために用心棒稼業を続けていた。そんな左兵衛が、正体の知れない謎の女の用心棒をすることになる。それはとある藩の事件に巻き込まれていく第一歩だった。「俺の二刀を見たら死ぬぜ」が決め台詞の、最強二刀流用心棒が活躍する痛快剣客小説。書き下ろし。『この時代小説がすごい!』シリーズ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください