大江戸科学捜査八丁堀のおゆう 両国橋の御落胤

宝島社文庫

山本巧次

2016年5月31日

宝島社

704円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

江戸と現代で二重生活を営む元OLの関口優佳=おゆうは、小間物問屋の主人から、息子が実の子かどうか調べてほしいと相談を受ける。出生に関して、産婆のおこうから強請りまがいの手紙が届いたのだという。一方、同心の伝三郎も、さる大名の御落胤について調べる中で、おこうの行方を追っていた。だが、やがておこうの死体が発見されー。ふたつの時代を行き来しながら御落胤騒動の真相に迫る!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.6

読みたい

8

未読

3

読書中

0

既読

42

未指定

23

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください