尾道茶寮夜咄堂

おすすめは、お抹茶セット五百円(つくも神付き)

宝島社文庫

加藤泰幸

2016年10月6日

宝島社

715円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

たった一人の肉親である父親を失った、大学一年生の千尋。彼に残されたのは、父が経営していた尾道の古民家カフェ『夜咄堂』だけだった。すべてを処分しようと、夜咄堂を訪れた千尋を迎えたのは、自らを「茶道具のつくも神」だという見慣れない二人。戸惑いながらも千尋は、つくも神から茶道の指導を受け、父の思いが残された夜咄堂を続けることにするが…。切なさと温かさが交差する再生の物語。第4回ネット小説大賞受賞作!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar 4

読みたい

3

未読

9

読書中

0

既読

14

未指定

34

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください