父「永六輔」を看取る

永千絵

2017年8月31日

宝島社

1,430円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会

「父は車椅子になっても、どこかに『これは楽しい!』を見つけることができる人でした」-。永六輔、永眠までの10年間、長女が初めて明かす、笑いと涙の介護の日々。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください