君に恋をするなんて、ありえないはずだった

宝島社文庫

筏田かつら

2017年3月31日

宝島社

704円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

千葉県南総にある県立高校に通う地味で冴えない男子・飯島靖貴は、勉強合宿の夜に、クラスメイトの北岡恵麻が困っているところを助けた。それから恵麻は、学校外でだけ靖貴に話しかけてくるようになった。しかし靖貴は恵麻に苦手意識を持っていて、彼女がどうして自分に構うのかわからない。地味系眼鏡男子と派手系ギャル。絶対に相容れないはずの二人に起きる、すれ違いラブストーリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(20

starstarstarstar
star
4.08

読みたい

41

未読

28

読書中

5

既読

129

未指定

108

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

 

starstarstarstarstar 5.0 2021年02月07日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

亜夢。

 

starstarstarstarstar 5.0 2020年11月28日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください