オサキ江戸じまい

もののけ本所深川事件帖

宝島社文庫

高橋由太

2018年3月6日

宝島社

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

周吉が奉公人として住み込む深川の献残屋「鵙屋」から届いた訃報…主人の安左衛門が刺殺され、下手人として女将のしげ女が自首したという。妖孤・オサキに取り憑かれた“オサキモチ”の周吉は、「オサキモチは家に災いをもたらす」との言い伝えから夫婦の悲劇に自責の念を抱え、恋仲だった鵙屋の娘・お琴を残したまま江戸を出て行くことを決意。しかしお琴もまた、遺書を残して行方不明になりー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

23

未読

2

読書中

0

既読

9

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください