京都伏見のあやかし甘味帖

花散る、恋散る、鬼探し

宝島社文庫

柏てん

2018年3月6日

宝島社

715円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

元社畜の小薄れんげ、29歳。現在、京都伏見の古町屋で甘味マニアな男子大学生と、甘えん坊の子狐との共同生活中。理不尽な退職勧告、結婚予定の同棲彼氏の浮気、と人生計画が木っ端微塵な状況で、京都の地に降り立って早一ヵ月。東京とは違うゆるやかな時間の中で自分を取り戻しかけていたが、またもや子狐がらみの怪しい難問が。そのうえ、振り切ったはずの亡霊=元彼までもがあらわれて…。あやかしと老舗甘味を巡る不思議な人気シリーズ、第2巻です!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.47

読みたい

23

未読

22

読書中

2

既読

67

未指定

68

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください