ぼくの命は言葉とともにある

9歳で失明18歳で聴力も失ったぼくが東大教授となり

福島智

2015年5月31日

致知出版社

1,760円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会

18歳で光と音を失った著者は、絶望の淵からいかにして希望を見出したのかー米国TIME誌が選んだ「アジアの英雄」福島智氏初の人生論。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.15

読みたい

5

未読

0

読書中

1

既読

8

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください