「超」怖い話 庚

竹書房怪談文庫 HO-445

松村 進吉 / 深澤 夜

2020年7月29日

竹書房

715円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

かつてない混迷の中にある今夏、とんでもなく濃密な怪談が3人の元に集まった。否、託されたと言うべきか。孤独な霊感少年と部屋に棲む若い女の霊との幾年「淡日」、かつて我が子を殺し、服役した過去を持つ女性が見る悪夢「埋夢」、眺望は良いが何かが棲みついている旅館の一室。その部屋の客室係が見たものとは「眺めの良い部屋」、家賃滞納者を退去させた後の部屋にいた見えないモノ「ここに誰かがいる」、事故で死んだ少年がかつての家庭教師に残した不穏な手紙「わからない子」、廃墟で肝試し中いつのまにか消えたケータイはどこに「失せ物」他、うっすら汗ばむ肌も冷たい全32話収録!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください