日本海海戦から100年

アルゼンチン海軍観戦武官の証言

マヌエル・ドメック・ガルシア / 津島勝二

2005年4月30日

鷹書房弓プレス

3,080円(税込)

人文・思想・社会

マヌエル・ドメック・ガルシア(当時大佐)は100年前に対馬沖で生起した日本海海戦にアルゼンチンから日本に譲渡された装甲巡洋艦「日進」「春日」の二艦のうちロシア海軍から、もっとも攻撃を受けた「日進」にアルゼンチン海軍を代表して命がけで観戦武官として乗艦するなど激戦の日露海戦の戦況を外国人の立場から観戦して書きあげた報告書を公開。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください