遺偈・遺誡

迷いを超えた名僧最期のことば

大法輪閣

1998年9月30日

大法輪閣

2,090円(税込)

人文・思想・社会

いかに生きいかに死ぬか!死に直面した時、自分の得た境涯を述べ、後人に教えや戒めを遺したのを「遺誡」という。とくに詩の形をとったのを「遺偈」という。仏教者が遺したことばには、人生の意味と生き方への示唆が込められている。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください