新島八重と幕末会津を生きた女たち

新人物文庫

「歴史読本」編集部

2013年5月10日

中経出版

806円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

会津藩の正義を信じて絶望的な戦いに挑み、無念の敗北をとげた会津藩士たち。彼らの母・妻・娘たちの物語は、史上類を見ない悲劇として今日までも語りつがれている。平和で幸福な日々を打ち砕いた西軍の無差別攻撃に対して、会津の婦女子たちに残された道は、鶴ケ城に篭城し抗戦する、戦闘の足手まといになることを危惧して覚悟の自刃をする、領外に逃亡し忍従生活に耐える、いずれも凄惨な最後しかなかった。最愛の人々の死を乗り越え、最北の移住地や焦土の故郷で、健気でたくましく生きた会津の婦女子たち。彼女たちの知られざる生涯を追う。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください