マイケル・ジョーダン

父さん。僕の人生をどう思う?

ローランド・レイゼンビー / 佐良土茂樹

2016年11月30日

東邦出版

2,200円(税込)

人文・思想・社会

肩をすくめる仕草、伝説的なショット、語り草となったインフルエンザの試合、そうした名でスポーツ史に深く刻まれる壮麗なシーンを生み出したのは、ほかでもないマイケル・ジョーダンである。彼に思いを馳せるとき、大半の人間が、どちらに転ぶともわからない接戦で放たれた象徴的なシュートを思い浮かべるーそう、リムに当たることなくネットに吸い込まれるシュートだ。しかし、数えきれないほどの偉大さの反面、影の部分もある。容赦なく闘争を仕掛ける姿や、ギャンブルに明け暮れる姿だ。こうした様々な人間性を偏りなく描き出した伝記は決して存在しなかったー今、このときまでは。ここには、選手として、時代や文化の象徴として、そしてひとりの人間として、初めて明らかにされるマイケル・ジョーダンの真実の姿がある。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.5

読みたい

1

未読

1

読書中

2

既読

1

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2020年08月20日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください