スター・ウォーズ新反乱軍(上)

竹書房文庫

クリスティン・キャスリン・ラッシュ / 富永和子

1998年6月22日

竹書房

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

イェヴェサの事件も一段落したが、新共和国は内部に問題を抱えていた。元帝国側にいた人々が議会に参加するようになったからだ。過去に帝国と戦ってきたレイアにとって、再び旧共和国と同じ運命を辿るのではないかという危惧が頭をもたげ始めた。折りも折り、議事堂で爆弾が仕掛けられ多数の犠牲者を出す大惨事が起こった。その影には暗黒面を感じたのはルークだけではなく、レイアやフォースの血筋を持つ子供たちにも影響を与える程、強力だった。ルークはその持ち主を求めて一人アルメニアに旅立った。一方、ハンは昔の仲間に助けを求められ密輸業者の集まるスマグラーズ・ランへチューバッカと共に乗り込むが…。ブラック・フリート・クライシス3部作直後を描くSW小説最新作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください