24(TWENTY FOUR) 5(vol.2(13:00-19:)

竹書房文庫

ジョエル・サーナウ / ロバート・コクラン

2006年9月30日

竹書房

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

パーマー元大統領暗殺を指示したのは、事もあろうにローガン現大統領補佐官のカミングスだった。中央アジア某国出身のロシア分離主義派テロリスト、アーウィックに神経ガスを与え、同地に対する軍事展開を正当化する企みを、パーマーに知られたためだという。カミングスの計画ではアーウィックの手に神経ガスが渡った時点で起動装置を遠隔操作し、手下もろとも抹殺するはずだったが、それを知ったアーウィックはガスを隠匿。ローガンの要請でCTUに復帰したジャックは、ただちに神経ガスの奪還に取りかかる。一方、ローガンの妻マーサの助言を容れて、カミングスの陰謀を国民に知らせるべく声明を行なうことに。ところが発表の直前、カミングスの自殺体が発見され…。超人気ドラマシリーズ、急展開を見せる第2巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

3

読書中

0

既読

5

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください