アネモネ

失われた赤

竹内照菜

2009年12月31日

竹書房

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「おまえ、俺のこと好きだろ?」-決めつけるような科白とふいうちのキス。不遜で傲慢きわまりない銀髪の男は、けれど耳だけを赤く染めて、赤いアネモネを押しつけると走り去った…。母子家庭で苦労して育ちながらも、明るく純真な心を失わない佐倉理久。ハーフゆえの恵まれた容姿を持ち、裕福な家庭で何不自由なく育った水無瀬威琉。何一つ重なることのない二人が花屋で出会い、運命の恋が始まる。甘く、切なく、狂うほどに心を抉りつづける生涯一度きりの恋が…衝撃の激愛4部作、鮮烈なる幕開け。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください