獅子の双飛

ラヴァーズ文庫

ふゆの仁子

2012年6月30日

竹書房

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫 / ボーイズラブ(BL)

「お前は、あいつをおびき出すための餌だ」。世界屈指の優良企業・ウェルネスマート。そこのNY本社出身である弁護士の梶谷英令は、恋人であるレオンとケンカしたまま、久しぶりに日本を訪れる。しかしそこには、東京・新宿の裏組織による妖しい陰謀が待ち構えていた。裏組織の罠に堕ちた梶谷は、レオンによって彫られた腰の刺青を暴かれ、上海の影の権力者であるレオンを日本に呼び出すよう、強要される。「私をこんな目に遭わせても、『上海の獅子』はここへは来ない」。気丈に振る舞いながら、屈辱に耐える梶谷だが…。眠らない街で、男たちは真実の愛を求め彷徨う。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

2

読書中

0

既読

6

未指定

10

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください