花嫁の嘘は愛のあやまち

ラズベリーブックス

ロレイン・ヒース / 旦紀子

2013年9月30日

竹書房

1,100円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「彼がこの子の父親なんです」伯爵家の次男スティーヴンの死亡記事を見た看護婦マーシーは、その忘れ形見である赤ん坊をスティーヴンの母親に返し、自分は乳母としてそのそばにいたいと訴えた。ひとりでは育てられないと理解しつつ、どうしても子供と離れることはできなかった。ところが、そこへスティーヴン本人が現れる。記事は間違いで、怪我のせいで戦争中の記憶を失い、イギリスへ戻っていたのだ…。再会を喜びつつも、勇敢で明るく洒脱だったスティーヴンに漂う影にマーシーは戸惑う。記憶喪失であることを告げられず、愛したはずの女性を思い出せないスティーヴンと、愛のために“ある嘘”をついたマーシーは互いに秘密を抱えたまま、惹かれあうようになるが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

5

読書中

0

既読

4

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください