手相学大鑑

古今東西のしあわせの知恵

浅野八郎

1986年9月30日

日貿出版社

3,850円(税込)

美容・暮らし・健康・料理

本書は、占いの中でももっとも人気の高い手相の本であるが、単なる手相術を伝授するものではない。心理学、医学、人類学、発生学、東洋哲学、等、東洋、西洋を問わず広く総合的な人間学の立場に立って、30年の月日を費し、手相の科学的解明を目指して1万5千あまりにのぼる手型を実証的に研究してきた著者が、その成果を結実させて、独自に編み出した「浅野式手相術」の全貌を豊富なイラストを駆使して明かすものである。本書は、昨年刊行され、好評を得ているHands:The Compete Book of Palmistryの日本語版である。同書のドイツ語版、フランス語版、イタリア語版、オランダ語版も近々発刊の予定である。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください