品質を獲得する技術

タグチメソッドがもたらしたもの

宮川雅巳

2000年7月31日

日科技連出版社

4,180円(税込)

科学・技術

タグチメソッドとは、田口玄一博士がほぼ独力で構築・体系化された品質改善のための技術論である。日本では品質工学とも呼ばれ、近年、海外とくに躍進する米国製造業での普及・活用がめざましく、その功績によって田口玄一博士は1997年に米国自動車殿堂入りを果たされた。SN比、直交表、損失関数、パラメータ設計(ロバストデザイン)、MTS法など多彩なテクニカル方法論からなるタグチメソッドは、一方でさまざまな疑問も指摘され、また、誤解されていることも少なくはない。本書は、応用統計学の気鋭学者である著者が、SQC(統計的品質管理)の再構築のために、タグチメソッドがもたらした品質を獲得する技術の本質と有用性の解明に挑む注目の書である。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください