トヨタ生産方式の基本としくみ

日本のモノづくり

佃律志

2012年7月31日

日本能率協会マネジメントセンター

1,980円(税込)

科学・技術

ジャスト・イン・タイム、自働化、かんばん方式、5S、カイゼン、見える化、IE手法などの要点を、多くの事業場での指導実績をもつコンサルタントが現場の実務に即してわかりやすく解説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2018年08月13日

•検査で逃げている企業が多い。 検査はいかに頑張っても、付加価値を生み出さず、多大な無駄を生じさせているに過ぎない。 トヨタでは「不良を見つける」のではなく、「不良を作らない」と言う考えが徹底している。 ・小人化と省人化の違い 小人化は工数を低減、省人化は人員の無駄を省く事が目的 小人化とは、生産量の変動に対して、いつでも人を増減し、同じレベルの生産性を維持していけるラインを構築していける事。 ・TPM 全員参加の予防保全活動 Total Productive Maintenance 【安全の着眼点】 ・ハインリッヒの 「1対29対300の法則」 1件の大きな災害が生じる裏には、軽い災害が29件生じており、さらにその裏には災害の予備軍となる事故の原因が、300回も生じていると言う事。 事故の原因を見つけたら、軽微な物でもそのままにしないで、対策を考える必要がある。 【標準作業と作業標準作業】 ・標準作業 人と物と設備の最も効率良い組合せを考えて、良い物を、より早く、安全に、ムダの無い作業が出来るように、「タクトタイム」「作業順序」「標準手持ち」の3要素を決めそれに基づいて行う作業です。 ・作業標準 標準作業を行う為の諸標準 例えば作業要領書

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

--

•検査で逃げている企業が多い。 検査はいかに頑張っても、付加価値を生み出さず、多大な無駄を生じさせているに過ぎない。 トヨタでは「不良を見つける」のではなく、「不良を作らない」と言う考えが徹底している。 ・小人化と省人化の違い 小人化は工数を低減、省人化は人員の無駄を省く事が目的 小人化とは、生産量の変動に対して、いつでも人を増減し、同じレベルの生産性を維持していけるラインを構築していける事。 ・TPM 全員参加の予防保全活動 Total Productive Maintenance 【安全の着眼点】 ・ハインリッヒの 「1対29対300の法則」 1件の大きな災害が生じる裏には、軽い災害が29件生じており、さらにその裏には災害の予備軍となる事故の原因が、300回も生じていると言う事。 事故の原因を見つけたら、軽微な物でもそのままにしないで、対策を考える必要がある。 【標準作業と作業標準作業】 ・標準作業 人と物と設備の最も効率良い組合せを考えて、良い物を、より早く、安全に、ムダの無い作業が出来るように、「タクトタイム」「作業順序」「標準手持ち」の3要素を決めそれに基づいて行う作業です。 ・作業標準 標準作業を行う為の諸標準 例えば作業要領書

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください