銀河鉄道の夜

ぶんか社文庫

宮沢賢治

2010年6月30日

ぶんか社

502円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

『銀河鉄道の夜』は、賢治逝去のため未定稿で遺された童話。主人公の少年が親友と共に銀河鉄道で星々の世界をめぐる物語は、幻想的で豊潤なイメージに満ちており、未だに人々を魅了し続ける。他に『セロ弾きのゴーシュ』など三篇を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください