人生って、それに早く気づいた者勝ちなんだ!

若いうちにはわからない、若いうちにしかできないこと

千田琢哉

2013年9月30日

ぱる出版

1,430円(税込)

人文・思想・社会 / 美容・暮らし・健康・料理

「ホンモノの大人」には、タイムリミットがある。20代は毎日が締め切りだ。締め切りをクリアできた数だけ、人は磨かれる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstar
star
2.85

読みたい

0

未読

1

読書中

1

既読

9

未指定

15

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

ka---

(無題)

starstarstar
star
3.7 2020年05月03日

・年を食った給料の高い平社員は要らない、お荷物。組織を生成発展させるために、後輩に自分の技術を教えていくのが自然の摂理に則っている。 ・1%の成功者は99%の凡人たちを認めてあげることによって、見事にコントロールしている。 ・1年間だけ死ぬほど頑張って、9年間サボった人は、10年間淡々と続けた人には勝てない。 ・30歳までに自分を磨き下ごしらえしておく。すると、それ以降の人生が確実に華やかになる。 ・選り好みしない。それが無意味なことかどうかは、後にならないとわからない。できなくてもいい、とにかくなんでもやってみる。 ・楽しい決断をする。 ・一駅分歩くとかは時間を無駄にしているように思えるが、会議で話すことのない有益な話しができたり、見た通り同じ景色を見ながら前向きな話しができる。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください