百星聖戦紀(9)

富士見ファンタジア文庫

ひかわ玲子

2001年6月30日

富士見書房

616円(税込)

ライトノベル

「星を担う者よ。世界を救う英雄たちよ、リム・アースへ来たれ」。幻の王国リム・アースの星の巫女姫アーシュレイラが、星の英雄を誘う。そして星は、凍てついた空に、強く、強くまたたくー。ローゼンの都。貧しく、薄汚れた街に、星たちが集まった。ルーンガルドの英雄ゴード・ジマーと4人の騎士たち。そして、侫臣バルデアル公に汚された、悲劇の美姫フェリアナを護る盗賊グリフィン一家。国境を、身分を越えて戦士たちは邂逅の刻を迎える。一方、ローゼンから遙か彼方、オーラ山脈では、ひときわ大きく輝く双星が近づいていた。残酷な運命に引き裂かれた両翼、“双頭の鷹”と称された名将アクアレードとルヴィラードは、友と星の絆に導かれ、相まみえようとしていた!世界は、動乱の予感に震える。壮大なる本格ファンタジー・ロマン、第9弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください