フィリシエラと、わたしと、終わりゆく世界に(1)

富士見ファンタジア文庫

今田隆文

2004年5月31日

富士見書房

616円(税込)

ライトノベル

名もなき、少女は目を覚ました。サクラの花びらの舞う、その庭園で。心を持たない彼女は出会った。姉とも言える母とも言える存在ーフィリシエラに。そして、二人は世界を守るために生きることを運命づけられた。周囲を食い、無に帰す白い悪魔ー雪玉が空より降り注ぐ世界。その世界で人は眠りについていた。快楽の夢におぼれながら緩やかに死んでいくシステムーベッドの上で微眠んでいるのだ。滅び行く世界に生きるものたちー人造人間。彼らは、人を守り、生を未来へと繋ぐ責を負う…。生なき人造人間たちが、生とは何かを求め闘うリリカル・ファンタジー第一弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください