僕だけのマドンナ

富士見ファンタジア文庫

山門敬弘

2005年5月31日

富士見書房

572円(税込)

ライトノベル

「お前なんかに、先輩は渡さないっ!」怒りに震えながら、少年は和麻に宣戦布告をした。彼の名は、柊太一郎。神凪綾乃に恋する一途な後輩である。天使の笑顔をもつ小悪魔・篠宮由香里にそそのかされた太一郎は、『究極のダメ人間・八神和麻に騙されている綾乃の目を醒まさせる』ことを決意したのだ。ところがー。「う、うわ、うわあああああっっ!」綾乃と和麻の仕事場である廃墟に足を踏み入れた太一郎は、魔性を目の当たりにし、恐怖のあまり絶叫した。そこで彼が見たのは、勇敢に戦う綾乃と、彼女を後ろから見守る和麻の姿だったー。色とりどりの想いを乗せて、風と炎が織り成すファンタジック・アクションシリーズ。表題作「僕だけのマドンナ」他、全6編で贈る短編集第2弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください