ご愁傷さま二ノ宮くん(7)

富士見ファンタジア文庫

鈴木大輔

2007年4月30日

富士見書房

616円(税込)

ライトノベル

「峻護さん。ご褒美にキスしてあげます」…彼女が、そのくちびるが近付いてくる。でも身体も理性も抗えない!いかん、このままじゃいかん!!そもそもなんでこんなことになってるんだ!?京都修学旅行二日目。天気は快晴、楽しいはずの自由行動日にも、ご愁傷さま男・二ノ宮峻護は苦悩していた。-そう昨夜のばか騒ぎで、不可抗力とはいえ彼女、奥城いろりさんにキスして、それを何とか弁解しようと、…なのにこれじゃゆうべの二の舞…ああぁ。いろりの甘い匂いが峻護を包む。もうくちびるまで数センチ!?ああ、いろりの『淫魔の蠱惑領域』に捕らわれた峻護は今まさに貞操の危機!!そして本来峻護と自由行動をするはずだった真由にはいろりの兄・たすくが近づいてきた!!峻護と真由の純潔が狙われちゃう!!ドキドキのサキュバスラブコメ第7弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください