おあいにくさま二ノ宮くん(2)

富士見ファンタジア文庫

鈴木大輔

2007年7月31日

富士見書房

616円(税込)

ライトノベル

立て!そして挑め!!女と生まれたからには、勝利を夢見る戦場がある!!-そう。そこは、激安特売コーナー。かの地で歴戦の主婦にボロ負けした美少女サキュバス娘・月村真由。彼女のフェロモンもオバチャンにゃあ通じない。「月村さん、諦めた方が…」断固拒否。峻護の意見を瞬殺して、「二ノ宮くん!明日も行きましょう!」真由は悔し涙を浮かべて再戦を告げた。ああ、彼の平穏な日々はまた遠ざかる。「二ノ宮くん。日奈子さんて謎ですよね」「二ノ宮くん。彼女の霊能力は本物です。信じて除霊をうけましょう!」真由ってば、男だけじゃなくてトラブルまで惹きつけるようになっちゃった?おあいにくさまな短編集第2弾はHラブコメ・スリル風。峻護、命かけます。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください