アイドル防衛隊ハミングバード(act.2)

富士見ファンタジア文庫

吉岡平

1994年6月30日

富士見書房

506円(税込)

ライトノベル

ハミングバードに強敵出現。何かとハミングバードを目の敵にしている矢島プロが恐るべきアイドルデュオをぶつけてきた。その名も“フィバーガールズ”。ナイスバディのこの二人はあっという間にハミングバードに迫る人気を獲得。その上、パイロットとしての腕前もかなりのものだ。それもそのはず。フィバーガールズには五月たちの父親の後輩パイロット・加藤五郎がコーチについているのだ。自分たちに迫る人気の上、父親ゆかりの人間がコーチに着いたとあってハミングバードの面々はフィバーガールズに敵愾心を燃やす。はたして、ハミングバードとフィバーガールズはどのような戦いを繰り広げるのか。今回も矢島プロの卑劣な罠はあるのだろうか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください